(Wordマクロ)ページ設定:サイズ

ページ設定のうち、サイズをマクロで制御する方法を解説します。




サイズの設定

設定方法

ActiveDocument.PageSetupオブジェクトのPageWidthプロパティ、PageHeightプロパティで設定します。
PageWidthプロパティはページの幅を、PageHeightプロパティはページの高さを制御します。各プロパティには数値の単位の指定が可能です。数値の単位については、数値の単位についてを参照してください。
WordのVBAには、「A5」や「A4」のように予め用意されている定数はなく、「A5」や「A4」にページの幅や高さを調整したいならば、その数値を自分で指定しなければなりません。以下の使用例で、よく使われるであろうページサイズのマクロを掲載していますので参考にしてください。

使用例

A4に設定する場合

Public Sub ページサイズを設定()
'A4
With ActiveDocument.PageSetup
        .PageWidth = MillimetersToPoints(210)
        .PageHeight = MillimetersToPoints(297)
End With
End Sub

B5に設定する場合

Public Sub ページサイズを設定()
'B5
With ActiveDocument.PageSetup
        .PageWidth = MillimetersToPoints(182)
        .PageHeight = MillimetersToPoints(257)
End With
End Sub

A5に設定する場合

Public Sub ページサイズを設定()
'B5
With ActiveDocument.PageSetup
        .PageWidth = MillimetersToPoints(148)
        .PageHeight = MillimetersToPoints(210)
End With
End Sub

B4に設定する場合

Public Sub ページサイズを設定()
'B4
With ActiveDocument.PageSetup
        .PageWidth = MillimetersToPoints(257)
        .PageHeight = MillimetersToPoints(364)
End With
End Sub

はがきに設定する場合

Public Sub ページサイズを設定()
'はがき
With ActiveDocument.PageSetup
        .PageWidth = MillimetersToPoints(100)
        .PageHeight = MillimetersToPoints(148)
End With
End Sub

補足

ページサイズをマクロで変更した場合、既定のサイズと同一の値に設定した場合であっても、印刷時に「ユーザー設定のページサイズ」と表示されることがあります。

Wordではこうした現象が時々起こります。「ページ設定」→「用紙」タブと進み、以下の赤囲み枠が設定したページサイズになっていれば、特に問題ありません。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください