(Wordマクロ)行間設定の仕方

段落設定を変更する【行間編】で使っているプロパティについて解説します。その他の段落設定については、逆引き段落設定を参照してください。

このページで解説する項目は次の通りです。上から順番に解説します。




プロパティ

行間設定に使用できるプロパティ(LineSpacingRule)は6種類あります。一部の公式情報には、固定値と最小値の説明が取り違えられていますので、参照される際は注意してください。

プロパティ 説明 間隔の数値指定が可能か
wdLineSpace1pt5 行間を1.5行に設定する 不可
wdLineSpaceAtLeast 行間の幅基準を最小値にする
wdLineSpaceDouble 行間を2行に設定する 不可
wdLineSpaceExactly 行間の幅基準を固定値にする
wdLineSpaceMultiple 行間を倍数で設定する
wdLineSpaceSingle 行間を1行に設定する 不可

間隔の数値の可・不可設定については後述します。

使用例

①行間設定を1行にする場合

Public Sub 選択範囲の行間設定を調整する()
'1行
Selection.Paragraphs.LineSpacingRule = wdLineSpaceSingle
End Sub

②行間設定を1.5行にする場合

Public Sub 選択範囲の行間設定を調整する()
'1.5行
Selection.Paragraphs.LineSpacingRule = wdLineSpace1pt5
End Sub

③行間設定を2行にする場合

Public Sub 選択範囲の行間設定を調整する()
'2行
Selection.Paragraphs.LineSpacingRule = wdLineSpaceDouble
End Sub

ここまではいずれも1行マクロであり、特段注意すべき点はありません。

④行間設定を固定値で設定する場合

Public Sub 開いている文章の固定値を16ptにする()
With ActiveDocument.Paragraphs
    .LineSpacingRule = wdLineSpaceExactly
    .LineSpacing = 16
End With
End Sub

上の①~③と違う点は、対象を「選択範囲」から「文章全体」にしている点と、間隔の数値を指定している点です。選択範囲を対象とする場合は「Selection」、文章全体を対象とする場合は「ActiveDocument」とします。間隔の数値は「LineSpacing」で指定します。固定値、最小値にする場合は、間隔の数値を数字で入力してかまいません。

⑤行間設定を最小値で設定する場合

Public Sub 開いている文章の最小値を12ptにする()
With ActiveDocument.Paragraphs
    .LineSpacingRule = wdLineSpaceAtLeast
    .LineSpacing = 12
End With
End Sub

なお、マクロでは間隔の数値(LineSpacing)に対して0を指定することはできません(下図のようにエラーが出ます)。「最小値0pt」のように設定したい場合は手動でやるほかありません。

⑥行間設定を倍数にする場合

Public Sub 開いている文書の行間設定を倍数3にする()
With ActiveDocument.Paragraphs
    .LineSpacingRule = wdLineSpaceMultiple
    .LineSpacing = LinesToPoints(Lines:=3)
End With
End Sub

4行目の「LinesToPoints(Lines:=3)」は、倍数で行間設定する場合に指定します。「Lines:=」の部分は省略可能で、単に「LinesToPoints(3)」としてかまいません。また、「LinesToPoints(Lines:=1.6)」のように小数での指定も可能です。詳しくは、数値の単位についてを参照してください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください